甘い香りが誘うメイプルシュークリーム

(2020年05月31日)


レンガ通りのケーキショップ「ウェイブ」

景気屋笑売ウェイブ

週末に500個売れる看板シュークリーム

「ディズニーランドへ行った時、トゥーンタウンエリアに足を踏み入れた途端に甘い匂いに包まれたんです。その正体はメイプルポップコーンで『これはいいなあ』と思い、自分でメイプル味のお菓子を作ることにしました」。

 

高崎中心市街地のレンガ通りに店を構える洋菓子店「景気屋笑売 ウェイブ」。ここの看板商品として長年人気を誇るのは、メイプル特有の甘い香りが食欲を誘う「メイプルシュークリーム」だ。

 

自慢のカスタードクリームは、卵・牛乳・米粉をベースに、砂糖の代わりとしてメイプルシロップから作られるメイプルシュガーを使用。食べた瞬間、甘くて芳醇な風味が口いっぱいに広がるおいしさが評判で、週末には平均して500個以上も売れるという人気商品なのだ。

 

なかでも定番は、砕いたアーモンドのザクザクとした食感が楽しめるクッキー生地を用いた「王様のシュークリーム」と、ピーカンナッツとマカロンでサクサク食感のシュー生地に仕上げた「王様のプレミアムシュークリーム」の2つ。プレミアムには、基本のメイプルカスタードクリームにヘーゼルナッツペーストをプラスしており、濃厚な味わいとなっている。

 

ユニークなご主人が手がける個性的なスイーツにも注目

ご主人の舘野哲一さんの菓子作りは、その個性的なキャラクターが生かされている点が他にはない魅力だ。無類のサザンオールスターズ好きで、これまでに「わすれじのレイド・バッグ」をもじった「わすれじのベイクドチーズ」や、ソルダムという夏の果物を主役にしたケーキ「真夏の果実」を売り出すなど、強いサザン愛を商品開発にたびたび発揮してきた。

 

また、シュークリームと並んで地元客から注文が多いという、リアルな似顔絵やキャラクターのイラストを施したデコレーションケーキにも注目。元々絵は不得意だったというが、お客のリクエストに応えようと努力し、あらゆるお題をクリアしてきた。

 

「普通が好きじゃないから、ずっと他所ではやらないことに挑戦してきた」という舘野さん。その気さくでユニークな人柄こそが、長年お客から愛され続けてきた理由なのだろう。

 

 

景気屋笑売 ウェイブ

店主

舘野  哲一さん

高崎市通町52

TEL.027-327-8556

高崎商工会議所『商工たかさき』2020年4月号

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中