BENTO261 地産地消メインのお弁当屋さん/(元紺屋町)

(2016年07月11日)






週2日だけの特別なお弁当

 火曜と金曜の週2回、高崎MOTOKONYAで手作り弁当の販売を手掛ける金 伽倻(きんかや)さん。赤、緑、黄、茶、黒など絵画のような美しさの弁当は、県産の野菜や肉をメインに8種類程のおかずが入る。旬の食材と金さんのひらめきで生まれる和・洋・韓のレシピが楽しい。味付けのこだわりは「あくまでもシンプルに」。長年の経験から「御飯が美味しく食べられるよう、醤油、みりん、塩、出汁のみなど調味料は最小限に素材の味を生かしている」と話す。そんな温もりあふれる金さんのBENTOが静かな人気となっている。
 

「好き」の先に見えたお弁当屋さん

 日本酒通の料理好き。20代から「好き」を追究し続け、料理教室などに通いながら酒に合うつまみなどを試作するうちに、友人知人から口コミで弁当や料理教室の講師を依頼されるようになった。「今までやってきたことの集大成として、自分の厨房を持ちたい」そんな風に思い出した頃、現在の場所で「試しにやってみないか」と声を掛けられた。
 「知らない野菜が入っているのが毎回、楽しみ」「具だくさんでおいしい」など、お客さんからの生の声にやりがいを感じている。
 

意外な顔?!

 ゆったり穏やかな雰囲気の金さんには、意外なもう一つの顔がある。「私、筋トレ好きの筋肉好きなんです」! アスリートフードマイスターの資格も持ち、「本格的な店舗ができたら、食と体づくりを考えた低カロリー高たんぱくの“筋肉弁当”なんて作ってみたい」と話す。自身も週3回のジム通いを欠かさない。休日は、生産者や県内の野菜の直売所に出向き、その地域ならではの食材を探すのが楽しいと話す。弁当作りも筋肉作りも「どっちもコツコツ作るのが共通点」と笑う金さんのBENTO。
 思わずSNSにアップしたくなる美しさと美味しさを味わってみてほしい。
 
メニュー:261弁当 900円、特選おかず弁当 1200円
     *数量限定のため予約を頂ければ確実です。

店名・名称 BENTO261
住所 高崎市元紺屋町9
電話 090-5533-6421
営業時間 営業日:火曜日・金曜日 11:30~14:30
定休日
HP https://www.facebook.com/BENTO261/
http://instagram.com/bento261
http://twitter.com/Bento261
備考

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中