K&Mダンスカンパニー/(井野町)

(2016年09月14日)



左・KAZUKOさん 右・竹井智恵子さん
左・増川真子さん 中央・KAZUKOさん 右・早坂広美さん

ジャズ・タップ ダンススクール

 同ダンススタジオを主宰するKAZUKOさんは、ダンスを教えて20年、高崎にスタジオを開いて14年になる。幼い時にクラシックバレエを習って以来、ダンスと離れた事がない。現在、ジャズダンスとタップダンスの教室をもち、ヒップホップ全盛の現代に希少な存在だ。「若い頃、ジャズダンスブームがあり、色々なイベントで踊り、加藤登紀子さんのステージにも立った。大人になって再開したら、やっぱり好きだなと思った。歳を重ねた時、年齢ならではの踊りがある」と気付き、「究極、立っているだけでカッコいい踊り手になりたい」という境地に至ったという。KAZUKOさんにとってダンスは「自分じゃない自分になれる時」だ。
 

生徒さんの声

 市内の高校一年生・増川真子さんはタップダンスをやっているお母さんに勧められて、同スタジオでジャズダンスを学んでいる。「始めて3ヶ月位ですが、ダンスは自分を開放して自由にしてくれる楽しい時間」と話し、週一回の練習に熱心に通う。
 学生時代、新体操をやっていたという早坂広美さんはジャズダンス歴8年。「憧れだったジャズダンス。曲に乗れたときはほんとに気持ちいい」と爽やかな汗を流している。
 「生徒さん達との出会いは私の宝」と話すKAZUKOさん。これからの夢は、より日常にダンスを取り入れること。昨年は市内の和服店のスペースで、バイオリニストの生演奏をバックにタップを披露するイベントを開いた。タップやジャズをもっと広めていきたいと、ホールでのイベント開催も考えている。「ストリートでやるのも面白そうですね」。高崎の街にジャズやタップで彩りを放ってくれるKAZUKOさんの今後の活躍が楽しみだ。
 

 

店名・名称 K&Mダンスカンパニー
住所 〒370-0004 高崎市井野町705-4 2F
電話 050-3552-1383
営業時間
定休日
HP http://www.kandmdc.com/
備考 見学、体験など随時受付中。お問合せください。

高崎の都市戦略 最新記事

進化と深化で新しい高崎を創る 新春鼎談2017

人・モノ・情報が高崎に集積

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中