生フルーツいっぱいのベイクドスイーツ

(2018年09月30日)



room’s

生フルーツいっぱいのベイクドスイーツで差別化

鞘町にある「フルーツ&ケーキ ルームス」は、今から20年前に“女性が一人でも入れる、食事とスイーツの店”をコンセプトにオープンした。「当時、喫茶店が徐々になくなり、スイーツが食べられる店がありませんでした。お陰様で当店のフルーツフレンチトーストは人気メニューですが、これは帝国ホテルのショップで人気だったフレンチトーストが原型になっています」と話すオーナーの岡田さん。パンケーキ、フレンチトーストに、生のフルーツをふんだんに使っているスイーツが主力だ。「生のフルーツを扱うのは原価が高くなるうえロスの心配もありますが、そこをあえてやったからこそ多くの支持を得られたと思います」と、他店との差別化に成功した。食事メニューも、カレー、スープ、ハヤシライス、オムライス、パスタなど充実しており、ランチの利用客も多い。

飲み放題付き各種パーティープランも3、500円〜4、500円の価格帯で提示しているが、同店の利用客は、スイーツ目当てが圧倒的に多い。締めのスイーツは、ブーム以前から始まっていた。

room’s(ルームス)高崎市鞘町1

営業時間11:00〜22:00(L.O.21:30) 無休

『商工たかさき』2018年8月号

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中