週間天気


11月23日(月祝)から29日(日)の週間ポイント

先週は日差しが暖かく関東地方でも「夏日」のところがありましたが、今週後半には冬将軍が南下してきそうです。新型コロナの「第3波」が拡大傾向にある中で、この急激な気温の低下は心配ですね。空気が乾燥する日も多くなりますので、体調を崩さないように十分ご用心下さい。

 

今週の高崎、前半は秋の移動性高気圧に覆われて概ね晴れる予想です。後半には気圧の谷や寒気の影響で雲が広がりやすいでしょう。週の終わりには、県内北部の標高の高い地域で雪が降るかもしれません。最高気温は週の前半17℃前後で平年より高く、後半は平年並みか平年より低いでしょう。週末には10℃近くにまで下がるかもしれません。最低気温は概ね平年より高い見込みです。

 

さて、22日は二十四節気のひとつ「小雪(しょうせつ)」で、冷え込みが厳しくなり小雪がちらつき始める頃とされています。暦に合わせるように北日本には真冬並みの寒気が入ってきました。県内にも週末には、真冬並みではありませんが上空1500mあたりで0℃という年末頃の寒気が南下してきます。まあ、寒いのは体にこたえますが、コートやマフラー・手袋など防寒万全にイルミネーションを楽しむには、寒い方がキラキラ感が増して素敵でしょうか。

 

先週末21日には「高崎光のページェント2020」がスタート。新型コロナの影響により規模を縮小した関係者のみによる点灯式が、ラジオ高崎本局スタジオ前で行われました。やはりいいものですね。カウントダウンのあとファンファーレと拍手とともに点灯したイルミネーションに、しばし心を奪われました。来年1月3日まで、シンフォニーロード、東二条通り、慈光通り、大手前通り、タブノキ広場、高崎城址公園周辺で計100万球のイルミネーションをご覧頂けます。しっかり着込んでマスクをして、是非お出掛け下さい。

(ラジオ高崎気象予報士 吉良武夫)

高崎の都市力 最新記事

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中