第28回高崎映画祭の受賞者発表

(2014年1月18日)

第28回高崎映画祭の受賞者発表

「そして父になる」が3部門受賞

第28回高崎映画祭の受賞者が17日に発表された。最優秀作品賞は森﨑東監督『ペコロスの母に会いに行く』。『そして父になる』が最優秀監督賞・是枝裕和監督、最優秀主演男優賞・福山雅治、最優秀助演女優賞・真木よう子の3部門で受賞した。受賞者は以下の通り。

日程は3月22日(土)から4月6日(日)までの16日間。授賞式は3月23日(日)高崎市文化会館で『ペコロスの母に会いに行く』上映後に行う。鑑賞券、授賞式券の販売についての詳細は2月中旬に発表される。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀作品賞
『ペコロスの母に会いに行く』
森﨑東監督

【受賞理由】日本映画喜劇の王道であり、傑作である。登場人物たちの生き生きとした生命力の確かさを肌で感じられる作品である。人が生まれ過ごしてきた歳月、喜び悲しみが、手に取るように伝わる。老いゆく母親と息子を中心としたその家族たちの物語は、日本人がたどってきた歴史をも紐解いていく。人生の奇跡は記憶として残る、そのひとつのかたちが映画であり、それは尊き営みであることを、この作品は指し示してくれた。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀監督賞
是枝裕和監督
『そして父になる』

【受賞理由】家族をテーマに描きながら、これは同時に個のものがたりでもある。父、母、そして子も、人はそれとして、どれだけ自然にその役割を生きられるものなのだろうか。二組の家族を通じて、人が人としてのつながりの中で生きることのおかしみとかなしみを、思慮深く丹念に描き出しているが、浮かび上がってくるのは、一人の男の赤裸々な感情である。不完全でありながら、それこそが人間の豊かさであると伝えてくれる。是枝作品の中でも新境地を開いた意欲作である。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀主演女優賞
赤木春恵
『ペコロスの母に会いに行く』

【受賞理由】認知症を発症してひさしいみつえおばあちゃんの温かくやわらかなものごしが印象深い。激動の時代を生き、さまざまな人生も引き受け、折り重ねてきた歳月がその存在から放たれている。愛情を与え、受け、家族とともに生きるみつえの姿は、観る者の心に深くいつまでも残り続けるであろう。大ベテランにしてこの演技ありと感銘を受けた。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀主演男優賞
福山雅治
『そして父になる

【受賞理由】この物語における主人公の立ち位置は、命をつなぐことの重みと責任を人格化することなのではないか。その点において、父になる自分の内面と向き合い、その答えを探し出そうとする人物像を、身近な存在にすることに成功している。弱さやずるさを引きずりながら、大きく深い問題に向き合おうとする主人公の姿に、観る者は自分を重ねることができるだろう。また、立ち位置を見据え、物語を牽引している点も高く評価された。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀助演女優賞
原田貴和子
『ペコロスの母に会いに行く』

【受賞理由】若き日の主人公みつえを好演。長崎で生まれ育ち、いくつもの想いを胸に、ひたむきに、力強く生きる昭和の女性像を体現している。母として妻として家族を支え続けるみつえの、その美しさとしなやかさには目を見張るものがある。豊かな表現力と演技力が高く評価された。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀助演女優賞
真木よう子
『そして父になる』

【受賞理由】子どもの取り違えという事実に直面する母を演じているが、理屈をこえた母性が全身からにじみ出ている。あらゆる問題や事柄を全てを包んでしまうかのような、あたたかな存在感が圧倒的であった。魅力ある人物像を構築し演じあげた実力が高く評価された。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀新進女優賞
松岡依都美
『凶悪』

【受賞理由】物語の主軸を担う死刑囚の妻という役どころにおいて、非常に印象深い存在感を放つ。罪の重さを認識しながらも、極悪非道な男を愛し、またそんな男から愛された女の業がにじみ出る。確かな演技力がなければ表現し得ない繊細な人物描写に賞賛の声が集まった。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀新進女優賞
篠原ゆき子
『共喰い』

【受賞理由】ふしだらで凶悪な男の愛人を、体当たりに演じている。男が支配力を誇示する対象としてのか弱さがある一方で、たくましくしなやかな一面をうちに秘めた女性像が実に魅力的であった。アンニュイな存在感がひと際光を放つ。物語を引き締める重要な役柄を見事に演じ上げ高く評価された。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

最優秀新人男優賞
川崎航星
『楽隊のうさぎ』

【受賞理由】引っ込み思案の少年がふと見せる屈強な自負が、自らの内面から湧き出ている。あどけなさの残る静かな佇まいながら、その存在感は鮮烈な印象を残す。瑞々しくさわやかな感性がほとばしり、今後の役者としての成長を大いに期待させ、多くの共感と支持を得た。

第28回高崎映画祭の受賞者発表

新進監督グランプリ
小林啓一監督
『ももいろそらを』

【受賞理由】三人の女子高生が織りなすとある日常を描く。現代社会の歪みの中に身を投じている女子高生たちの姿は、モノクロームの映像の中において、切実な実態感を伴って観る者に迫ってくる。その中にも光る、青春のほろにがさやかけがえのない時間の存在が秀逸である。社会を切り取る鋭い洞察力と、こだわりのある映像美で全体をまとめ上げており、その演出手腕が高く評価された。

最新トピックス

第28回高崎映画祭の受賞者発表 (2014年1月18日)
第28回高崎映画祭の受賞者発表
「そして父になる」が3部門受賞
第28回高崎映画祭の受賞者が17日に発表された。最優秀作品賞は...
記事全文を読む
第2期中心市街地活性化基本計画の素案を策定 (2014年1月17日)
第2期中心市街地活性化基本計画の素案を策定
高崎競馬場跡地を含む新たな計画区域に
高崎市は平成20年に認定を受けた中心市街地活性化基本計画の計画期間が今年度末で終了することから...
記事全文を読む
榛名神社神宝殿の修理が完了 (2014年1月16日)
榛名神社神宝殿の修理が完了
建築当時の美しさを取り戻す
老朽化のため、平成25年4月から修理が行われてきた榛名神社神宝殿(しんぽうでん)の修理が...
記事全文を読む
南銀座商店街で新年祝う餅つき (2014年1月14日)
南銀座商店街で新年祝う餅つき
地域や買い物客にふるまう
南銀座商店街で13日に正月の餅つきが行われ、地域の人や買い物客に...
記事全文を読む
小正月を祝う伝統行事「道祖神祭り」 (2014年1月14日)
小正月を祝う伝統行事「道祖神祭り」
石原町で町内の山車が巡行
小正月を祝う高崎の伝統祭り「道祖神祭り」が11日、12日に石原町の...
記事全文を読む
火災発生件数が増加。年間155件 (2014年1月13日)
火災発生件数が増加。年間155件
救急も増加。一日平均40件超
高崎市等広域消防局は、平成25年の火災発生状況と救急状況の速報を...
記事全文を読む
12日に各地域で成人式 (2014年1月13日)
12日に各地域で成人式
高崎市の新成人は3842人
高崎市成人式が12日に各地域で行われた。今年の高崎市の新成人は...
記事全文を読む
高崎市消防隊が出初め式 (2014年1月13日)
高崎市消防隊が出初め式
災害の少ない平穏な年を願う
高崎市消防隊の出初め式が12日にもてなし広場で行われ...
記事全文を読む
ビエント高崎新展示ホールが完成 (2014年1月10日)
ビエント高崎新展示ホールが完成
25日、26日にこけら落とし「どっと楽市」
高崎卸商社街協同組合が建設を進めていた新しい展示ホールが竣工し...
記事全文を読む
銀座ぐんまちゃん家で「国府野菜本舗フェア」 (2014年1月10日)
銀座ぐんまちゃん家で「国府野菜本舗フェア」
14日に国府白菜や国分にんじんなど販売
14日に東京・銀座のぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家」で...
記事全文を読む
東京ドーム「ふるさと祭り東京」に出展 (2014年1月9日)
東京ドーム「ふるさと祭り東京」に出展
高崎の食と観光をPR
1月10日(金)から1月19日(日)まで東京ドームで行われる「ふるさと祭り東京2014」に...
記事全文を読む
ハルヒル日本一のヒルクライムを目標に (2014年1月9日)
ハルヒル日本一のヒルクライムを目標に
第2回の参加募集5千人。国内最大規模をめざす
第2回榛名山ヒルクライムの大会概要が主催者から発表された。日程は...
記事全文を読む

すべての記事を見る

  • シネマテークたかさき
  • 群馬インターネット
  • ラジオ高崎
  • 群馬地域の映像ポータル
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中

高崎の都市戦略 最新記事

みんなが知りたい工場のなか

みんなが知りたい工場のなか

やっぱり高崎はすごかった

勝ち残る専門店

グラスメイツ
グラスメイツ
メガネ店の店員も買いに来るメガネ専門店
辰巳
辰巳
印傳と陶器の専門店/県外からもお客様
有限会社三洋堂
有限会社三洋堂
パソコン全盛時代に書道のおもしろさを伝える

すべての記事を見る