第33回村上鬼城全国俳句大会

(2019年09月24日)

鬼城榠櫨賞の大島さん

高崎市の生んだ俳人・村上鬼城の偉業を顕彰する全国俳句大会が9月16日に高崎シティギャラリーコアホールで行われた。主催は実行委員会(原田要三実行委員長)。

鬼城の50回忌にあたる昭和62年から始まり、今年で33回目。今年は全国から1504句の応募があり、9句が入賞した。

最高賞の群馬県知事賞には平野暢行さんの「子が村を出てつばくろの来たりけり」が選ばれた。

 

高校生の部は県内11校から2675句の応募があり、8句が入賞した。最優秀賞は柳川結蘭さんの「足もとでザクザク笑う霜柱」が選ばれた。

 

年間発表作品から30句を選んで応募する村上鬼城賞は、第2回大会から募集され、今回が32回目。今年は198編(昨年度165編)の応募があり、平成5年(204作品)以来の応募数となった。最優秀の正賞は、熊本の山下さと子さんが選ばれた。

今回は、高崎市内で長く俳句の創作活動を続け、本大会への作品応募を継続している大島紫篁氏(101歳=応募時100歳)に、特別賞として村上鬼城榠櫨賞(きじょうかりん)が贈られた。大島さんは第17回(2004年)に村上鬼城賞正賞(最高賞)を受賞。今回は鬼城草案(並榎町)のシンボルとなっている榠櫨の木にちなみ、大島氏の俳句人生に敬意を表する賞として贈られた。

大島さんは「受賞を励みに、句作に取り組みたい。常に次の目標を持っていきたい」と意欲いっぱいだ。

 

主な入賞者は次の通り。敬称略。

 

第33回全国俳句大会

【群馬県知事賞】平野暢行

子が村を出てつばくろの来たりけり

【高崎市長賞】廣岡柊子

胎内に宿る命と麦を踏む

【高崎市議会議長賞】津久井洋子

なにごとも無かりしかたち蟬の殻

【高崎市教育長賞】中里見楪

魂の抜け殻めきし三尺寝

 

 

第32回村上鬼城賞

正賞=山下さと子「光あつめて」

佳作=並木秋野「釣忍」

佳作=飯塚柚花「雨白し」

佳作=工藤弘子「冬すみれ」

新人賞(50歳未満対象)=森瑞穂「雪のにほひ」

鬼城榠櫨賞=大島紫篁「百歳の面体」

 

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中