農業用ドローンの体験授業

(2020年07月28日)


TEAD(株)が農林大学校で

群馬県立農林大学校(箕郷町西明屋)で、スマート農業(ロボット技術やICTを活用した農業)を学ぶ授業として、高崎市内に本社を置くドローンメーカー・TEAD株式会社(高崎市江木町)によるドローン研修が7月9日、13日に行われ、2年生20人が受講した。

 

TEADは産業用・農業用を得意とするドローンメーカーで、スマート農業に関心を持ち、取り組むきっかけにしてもらおうと、この授業を農業大学校に提案した。

 

9日はドローンの知識と安全対策、飛行に関連する法律の講義を行い、13日は、大型の産業用ドローンを実際に生徒に操縦してもらう実技研修が行われた。

 

TEADの井上暢悠さんは「県立農林大学校に賛同いただき実施できた。農林水産省が掲げる『2022年度に全農業大学校でスマート農業をカリキュラム化』の動きとも合致する。今後も地域に対し、ドローンという最先端技術の授業により、未来ある学生に貢献していきたい」としている。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中