革と雑貨の小さなお店 森乃手仕事家/(箕郷町)

(2016年07月12日)






女性作家の丁寧な手仕事、個性あるふれる作品たち

 バケツ型バッグやがま口バッグ、財布やブックカバー、キーホルダーやキッチン用品、ベルト、クッション等々、「作りたいものはなんでも作っちゃいます」という革職人の桑原優子さん。アパレルでデザインを手掛けていた桑原さんは7年程前に“革の端切れ”に出会い大量購入。「軽井沢の店先で見つけて、これは面白いと思いました」。独学でオリジナル作品を完成させ、すっかり革の虜に。作品の多くを手縫いで仕上げているのはミシンに比べ「風合いがあり、ほつれにくく直しやすい。強度が増す」など魅力が多いからだ。「経年変化で味わいが出て、ずっと一緒にいられる存在」と作品に愛情を注ぎ込む。
 

古い物に息吹を与える

 6月にオープンしたばかりの新店舗は海上コンテナを利用している。白と水色にペンキを塗り、屋根には芝を植えるなど温もりと手作り感があふれている。そんなかわいらしい店内には革製品の他、帆布と革を組み合わせたバッグや藍染めの洋服、個性あふれるアクセサリーなど一点ものの作品が並ぶ。什器にはアンティークの家具を使い、座面を革に張り直した古い木の椅子も愛らしい。「リメイクするのが大好き」という桑原さんの手にかかると、古い物でも新しい生命力が吹き込まれ生まれ変わるようだ。
 

温泉郷クラフトシアター2016

 四万温泉で開催される「温泉郷クラフトシアター2016」(7月16日~24日)では、ブックカバーやバケツ型トートなどを作るワークショップを行う。「革を一針ずつ縫って自分だけの作品を仕上げてほしい」と話す。手作りの豊かさを感じながらゆったりと過ごす時間。世界にひとつだけの作品づくりに没頭すれば、その先に温もりのあるかけがえのない作品が完成するはず。
 これからの展望について桑原さんは「漠然とですが、子どもに関わるコミュニティ作りをしたいと思っています。そんな拠点としての役割を担えたら嬉しい」―そう話す。店舗はカフェ敷地内にあるので、まずは是非一度、足を運んでみてほしい。
詳細PDFはこちら>>
 
 

店名・名称 森乃手仕事家
住所 高崎市箕郷町下芝531-4(チーズカフェ&ダイニング敷地内)
電話 080-5908-3992
営業時間 10:00~15:00
定休日
HP http://morinotesigotoya.com/top.html
http://eb2010.exblog.jp/
https://ja-jp.facebook.com/morinotesigotoya/
備考 7・8月の営業日:
7/1,6,7,27,28,29,30,31
8/3,4,5,10,12,19,20,21,24,25,26,31
*営業日の変更、御案内はSNSや店頭にてお知らせいたします。

高崎の都市戦略 最新記事

進化と深化で新しい高崎を創る 新春鼎談2017

人・モノ・情報が高崎に集積

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中