令和4年度高崎市文化賞

(2022年11月25日)

左から大井さん、富岡市長、江藏さん

大井さん・江藏さんが受賞

令和4年度高崎市文化賞の授賞式が11月21日に高崎市役所で行われた。

今年度は和紙ちぎり絵作家の大井八重子さん(87歳)、尺八奏者の江藏無童(えぞう・むどう)さん(80歳)が受賞した。

 

大井さんは、和紙ちぎり絵作家の県内第一人者で指導者。平成5年(1993)に、和紙ちぎり絵の第一人者である故亀井健三氏に師事。市内でちぎり絵サークルを主宰し後進の指導にあたる。

作家・指導者として国内外で活躍し、平成24年に高崎シティギャラリーで開催された全国展の実行委員長を務めた。

ちぎり絵は年齢を問わずに創作することができ、幼児から高齢者まで、ちぎり絵を通した文化活動、生きがいづくりに貢献している。

ちぎり絵を通した文化活動に顕著な功績が認められ、今回の受賞に至った。

 

江藏さんは、昭和61年から尺八教授活動を開始、長年にわたり琴古流古典尺八の指南役として、後進に教授し邦楽振興に努めた。NPO法人三曲合奏研究グループの代表を務め、毎年恒例の「邦楽春の祭典」の開催、小中学校での演奏や体験指導、企業・団体等のイベントでの演奏など、邦楽振興に大きく貢献している。平成26年度以降は高崎市と協働し「こだま音楽祭」を毎年実施している。

高崎市文化協会の市民文化フェスティバル・舞台部門の運営委員長として文化活動の普及・育成に尽力。群馬・高崎に生きた証として平成26年に自伝曲「翔鶴の譜」を発表し、楽譜は無料で提供している。邦楽を通した文化振興の顕著な功績が認められた。

群馬県邦楽協会理事長、高崎市文化協会副会長、群馬県文化協会連合会理事を歴任。群馬県文化奨励賞(平成30年)、群馬県総合表彰(令和2年)

 

授賞式で富岡賢治市長は「高崎市の文化振興のために第一流の功績を上げられ、感謝申し上げます」と受賞者を讃えた。

大井さんは「100号の作品に挑戦し、ギネス記録をめざしたい。和紙ちぎり絵を常設展示できる場所を設けたい」、江藏さんは「身に余る光栄です。後継者の育成に尽力したい」と喜びと意欲を語った。

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中