第36回高崎映画祭 最優秀主演俳優賞/最優秀助演俳優賞

(2023年01月20日)

岸井ゆきの
永山絢斗さん
『ケイコ 目を澄ませて』 © 2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINEMAS
『LOVE LIFE』 © 2022映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS

最優秀主演俳優賞

岸井(きしい)ゆきの『ケイコ 目を澄ませて』

 

【受賞理由】

相手の目を見ることは自分の内なる目を見つめることなのだ、と主人公ケイコが教えてくれる。一人の人間として、ボクサーとして、迷い、怯えながらも、何かを掴み取りたいと拳を前に出し続けるケイコ。その人間性自体が浮かび上がる熱演にただ感服しかない。内面から滲み出る人となりがケイコを通して私たちに届く。俳優としてのしなやかさと繊細な表現力に多くの賞賛が集まった。

 

 

最優秀助演俳優賞

永山絢斗 (ながやま・けんと)『LOVE LIFE』

 

【受賞理由】

愛と家族と絆の物語において、演じる二郎は、主題からも一定の距離感を保ちながら物語を底支えする立ち位置の役柄だ。妻・妙子が差し向ける愛のベクトルがどこにあろうとも、彼女を見つめ、自らの揺るぎない愛の形を自問する。とても繊細な人物であると同時に、人間としての度量を感じさせる二郎がいるからこそ、この物語の本質が浮かび上がってくる。重要な役どころを、確かな演技力と立ち位置を見据えた役作りで演じ上げた力量が高く評価された。

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中