いじめ撲滅活動で岩隈選手らが来高

(2018年12月2日)


「BE A HERO」プロジェクト

プロ野球投手の岩隈久志選手が発起人に活動しているいじめ撲滅プロジェクト「BE A HEROプロジェクト=ヒーローになろう」セミナーが12月1日(土)に市立寺尾中学校で行われ、市内中学校の代表48人と寺尾中学校生徒らが受講した。

「BE A HEROプロジェクト」は2年前にスタートし、「勇気を出して間違っていることを直し、ヒーローになってほしい」、「正しいことはかっこいい」と、いじめ防止への行動を働きかけるもの。

今回のセミナーは、高崎市のいじめ防止活動の一環として行われた。

HEROの綴りとなるH、E、R、Oは、HELP=助ける勇気・助けを求める勇気、Empathy=共感、Respect=相手の尊重、OpenーMind=心を開いてみんなを受け入れること―の意味を含んでいる。セミナーでは、この日常で起こりそうないじめのエピソードをもとに、どう行動したらいいのか岩隈選手と生徒が意見を出し合い、参加者一人ひとりの「行動宣言」にまとめた。

 

岩隈選手は、メジャーリーグでの経験からお互いに尊重しあうことの大切さも語った。

 

参加した生徒は「誰にでも声をかけひとりぼっちを作らないようにしたい。これからもいじめをなくしていきたい」と話し、いじめ防止への決意を新たにしていた。

 

岩隈選手は「生徒が積極的に発言してくれた。一人ひとりがヒーローになってほしい」と、高崎でのセミナーを振り返っていた。

 

 

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中