第30回高崎映画祭受賞者発表

(2016年01月15日)

記念特別賞に「ここに泉あり」岸恵子さん

 第30回高崎映画祭の受賞者が13日に発表された。
 30回を記念する今年は、最優秀作品賞に塚本晋也監督=『野火』、最優秀監督賞に小栗康平監督=『FOUJITA』、橋口亮輔監督=『恋人たち』が受賞し、この3作品が各賞の中心となった。
 最優秀主演女優賞は深津絵里=『岸辺の旅』、山田真歩=『アレノ』、最優秀主演男優賞はオダギリジョー=『FOUJITA』が受賞した。
 野心的で日本映画界の未来を担う作品として評価するホリゾンント賞は越川道夫監督=『アレノ』が受賞。第30回を記念する特別賞が、高崎の原点となる「ここに泉あり」に主演した岸恵子に贈られる。また、高崎映画祭の上映スタッフとして、映写業務を長く支えてきた小田橋淳夫さんに高崎映画礎賞が贈られる。
 授賞式は3月27日(日)午後4時から群馬音楽センターで行われる。授賞式チケットの発売や上映作品は後日発表の予定。
受賞者は次の通り。
 

●最優秀作品賞

◇『野火』塚本晋也監督

【受賞理由】「つい70年前に一体何が起きたのか。戦争とは何なのか。今何が起きているのか」。戦争という事実を過去の出来事としてだけではなく、今の痛みとして描くことに果敢に挑んだ渾身作である。社会への投げかけを、映画作家として真正面からひたむきにアプローチしている。正しく手づくりで智慧を絞り、作り上げた作家魂に賞賛の声が集まった。
 

●最優秀監督賞

◇小栗康平監督『FOUJITA』

【受賞理由】実在の画家・藤田嗣治(ふじたつぐはる)をフィルターに、当時の時代、国、文化を包括して物語るところに作家性の確信が見える。一人の芸術家の人生を、映画的時間の中に置き換え、リアリズムと虚構の合間を掬いとるように描き込む。独自の見解と表現力で映画芸術を研ぎすます、流麗で鮮やかな作風は誰にもまね出来るものではないだろう。
 
◇橋口亮輔監督『恋人たち』

© 松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
【受賞理由】現代社会の暗闇に埋もれ、行き場を失ってしまった人たちの悲哀を鋭い洞察力で丹念に描き出している。生きることの理不尽さを痛切に描き込みながらも、一筋の光を灯してみせる。観る人の人生を重ねさせる映画であり、包容力のある豊かな映画たらしめた力量と、映画の力をどん欲に訴求したその意欲に賞賛が集まった。
 

●最優秀主演女優賞

◇深津絵里『岸辺の旅』

【受賞理由】こつ然と姿を消し、やがて死んでしまった夫の死を、ゆるやかに受け入れ昇華していく妻を演じる。消えることのない喪失感かかえたまま時を刻んでゆく妻の虚ろな生体が、死んだ夫の出現によって生き生きと蘇っていく姿に目をみはる。繊細な心の動きを、抑制のきいた演技でつぶさに体現する技量と、夫との魂の触れ合いを、そのからだを通して見せきる豊かな表現力に賞賛の声が集まった。
 
◇山田真歩『アレノ』

【受賞理由】病弱な夫を気遣いながらも、愛人との情欲に溺れる妻を演じる。肉体の躍動感はあれど心の置き所が定まらないアンニュイな存在感が、見事に映画の中でミューズと化す。演者としての野心が、美しく昇華しているかのようだ。女のおかしみを体現したその感性が高く評価された。
 

●最優秀主演男優賞

◇オダギリジョー『FOUJITA』

【受賞理由】演じる画家・藤田嗣治の。終始一貫した浮遊感が印象深い。二つの文化を生きた芸術家の心のうちがこちらに向かってくることはない。ただそこに在るのが芸術家である事だけが観客に実感として残る。こんな表現力を持った役者が他にいるだろうか。場に身を投じ、映画を底支えする天性と、その潜在性に感嘆の声が集まった。
 

●最優秀助演女優賞

◇蒼井優『岸辺の旅』

【受賞理由】主人公の夫が生前関係を持っていた女性を演じる。ワンシーンながら物語を引き締める重要な役どころである。その一瞬にかつての二人の関係、愛、妻への嫉妬と反転する優越感を織り込ませる生々しさは驚異的でもあった。空気感から一変させてしまう場作り、役作りに圧倒された。
 

●最優秀助演男優賞

◇黒田大輔『恋人たち』
【受賞理由】理不尽な出来事にもがき苦しむ主人公を、そばで見守る先輩社員は、辛い過去を乗り越え自らの足で立ち上った人物としてそこに存在する。消えることのない傷を体に刻んだ男の、凄まじい過去が透けて見えてくるようだ。非常に重要で難しい役どころを、揺るぎない精神性で厳かに温かく演じあげた力量が高く評価された。
 

●優秀新進俳優賞

◇篠原篤『恋人たち』
【受賞理由】妻を通り魔に殺され、失意と絶望の中をさまよい続ける男を演じる。生々しい痛みが痛烈に画面から立ち上がる。自己の精神もその役柄に投じた体当たりの演技に心を掴まれた。これからの活躍に期待せずにはいられない。
◇成嶋瞳子『恋人たち』
【受賞理由】日常に埋もれ、家族との絆もどこかへ置き忘れてしまった主婦の刹那が胸に迫る。日常を打開する男の出現をきっかけに変わっていく女性を等身大の魅力で演じ上げる。表現者としての振り幅の広さを予感させる存在感に期待が集まった。
◇池田良『恋人たち』
【受賞理由】演じる高慢なエリート弁護士は、複雑な感情をうちに秘めた難しい役どころである。同性愛者の自分に向けられる偏見、想い人へ一生届かない愛、ぬぐい去れない孤独感が、飄々とした風貌の内側から滲む。不思議な存在感を放つ逸材と言える。
 

●最優秀新人女優賞

◇水野絵梨奈『ソレダケ / that’s it』

【受賞理由】社会の底辺であがきもがく少女を熱演している。諦めも哀しみも怒りも、全て生のエネルギーに転換させる激しい役柄でもあるが、ひるむことなく体当たりで挑み、印象に残るキャラクターに創り上げた。
 

●最優秀新人男優賞

◇森優作『野火』

【受賞理由】戦場は人を極限状態に追いやる。まだあどけない少年が生きるための本能と、理性が生み出す感情とに揺り動かされ追い込まれたその事実を思うと言葉が出ない。破綻していく少年の生きた時間を、伝達者として演じ上げたことに賞賛の辞を述べたい。
 

●ホリゾント賞
(野心的かつ革新的作家性を備え、日本映画界の未来を照すであろう作品に与える賞)

◇越川道夫監督『アレノ』

【受賞理由】これまで映画制作で映画界を底支えしてきた越川氏が、現代に一石を投じた意欲作である。匂い立つ芳しさをまとった映画である。情欲に溺れる男女の湿り気のある感情、ざらついた手触りが物語を雄弁にする。綿密に計算された構成と演出で純度の高い官能映画を生み出した。その手腕が高く評価された。
 

●新進監督グランプリ

◇山崎樹一郎監督『新しき民』

【受賞理由】山中一揆を題材に、その地で生きた人々の生の躍動を描いている。なんと新しく自由な感性で表現されていることか。娯楽性と作家性のバランスに優れた野心作であり、今後の活躍を大いに期待したい。
 

●高崎特別賞(第30回記念)

◇岸惠子

写真提供:資生堂
【受賞理由】「映画のある街高崎」の原点ともいえる映画「ここに泉あり」。群馬交響楽団の草創期を描いたこと、この地で撮影されたこと、その所以であるが、この映画が深く愛される理由の一つは、ひたむきに映画に人生を傾けた主人公かの子の姿がある。魅力的な人物像を創出し、なおかつ日本映画界を牽引したお一人として敬意を表す。
 

●高崎映画礎賞(第30回記念)

◇小田橋淳夫

【受賞理由】高崎映画祭、および高崎の映像文化を長年にわたり陰で支えた功労者である。そのことに敬意を表す。

高崎の都市戦略 最新記事

進化と深化で新しい高崎を創る 新春鼎談2017

人・モノ・情報が高崎に集積

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中