ペガサスBC王者に輝く

(2018年10月2日)


福井を下す。2年ぶり4度目

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグチャンピオンシップ第4戦が10月1日、前橋市民球場で行われ、東地区王者の群馬ダイヤモンドペガサスが西地区王者の福井ミラクルエレファンツを下した。2勝1敗で大手をかけていたペガサスが6-4で第3戦に続いて逆転勝ちを収めたことで、2年ぶり4度目のBCリーグ年間王者に輝いた。

 台風24号の影響で順延された第4戦。ペガサスは1点を追う3回に3番井野口祐介の右犠飛で同点に追いつくと、4回には先発マスクの速水隆成がバックスクリーン左にアーチをかけて逆転に成功する。7回には井野口がセンターへ、カラバイヨがライトへ連続で2点適時打を放ち4点を追加しリードを広げた。

 先発投手のトーレスは、初回に本塁打を浴びたものの力のあるストレートで連打を許さない粘りのピッチング。終盤の反撃も3点に抑え、最後の打者も三振に抑えるなど見事完投で締めくくった。

 歓喜の胴上げのあと平野謙監督は、「選手がよくやってくれた。勝ちを積み重ねることで自信をつけたのだと思う。日本一を目指して全力を尽くす」と次戦に向け闘志を燃やした。

 四国アイランドリーグplus年間王者と戦う日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップは10月7日(日)、敵地で開幕。独立リーグの日本一をかけ香川と愛媛の勝者と対戦する。本県では、全5戦のうち第3戦から5戦までが行われ、10月13日(土)から3日間、前橋市民球場で開催される。

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中