高崎を更にステップアップ

(2019年05月9日)

初登庁であいさつする富岡市長

富岡市長が初登庁

4月の高崎市長選挙で無投票3選を決めた富岡賢治市長の初登庁式が5月7日(火)に高崎市役所前で行われた。支持者や市役所職員ら約300人が拍手で富岡市長を迎え、職員から花束が贈られた。

富岡市長は「高崎のまちをいいまちに、元気にするために、なんでもやる、早くやるという姿勢が市民から信頼されたのだと思う」と無投票の選挙戦を振り返った。

続いて「8年前は。高崎を北関東で光るまちにしたいと言いましたが、高崎のような地方都市があることが有名になってきた。更にステップアップさせたい。大きなプロジェクトも進んでいるが、私の夢は高齢者が安心でき、子育てが一番しやすいまちにしていくこと」と述べ、高崎の発展と市民生活を充実させる政策に意欲を示した。

また富岡市長は「これからは、少しもめることもあるかもしれません。市民のために汗をかいていきたい」と述べ、大胆な政策を打ち出していくことを示唆した。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中