日米共同訓練で市長が要請

(2020年11月20日)

相馬原などで12月7日から12月18日

11月13日に防衛省から陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練が相馬原演習場で実施されること発表された。高崎市に対しては事前説明があり、この訓練にMV22オスプレイが参加するなど、概要が示された。

 

訓練期間は12月7日から12月18日で、訓練場所は、新潟県の関山演習場、相馬原演習場、相馬原駐屯地。

 

防衛省の発表によれば、実施部隊は、米軍が第1海兵航空団第36海兵航空群第265海兵隊中型ティルト・ローター機飛行隊(普天間)、第3海兵師団第4海兵連隊等。陸上自衛隊が第12旅団第30普通科連隊基幹(新潟県新発田市)。

 

米軍はMV-22オスプレイが6機程度で機体整備に相馬原演習場内を使う。陸上自衛隊はCH-47が4機程度、UH-60が2機程度、AH-1が2機程度などヘリコプターが参加し、ヘリボン訓練を実施する。

夜間飛行訓練は通常の午後9時から、午後11時まで延長して行う予定。

 

高崎市は、今回の日米共同訓練において、地域住民の安全安心の確保・市民生活に支障をきたさないよう万全の措置を講じること、飛行ルートは住宅密集地の上空を避け住民不安につながらないよう配慮すること、MV-22オスプレイの飛行訓練は国の責任で徹底した安全対策を講じ夜間の飛行訓練は最小限にとどめること、できる限り詳細な情報提供を行ってほしいことなどを防衛大臣に要請した。

 

富岡賢治市長は「防衛については国の専管事項であると理解しているが本市市域を含むエリアでの訓練の実施にあたっては市民生活に支障をきたすことのないよう、特段の配慮をいただきたい」としている。

 

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中