子どもたちの「やる気」引き出す

(2022年05月6日)

飯野教育長のあいさつ

学力アップ大作戦が9年目

各校区のボランティアが児童生徒の基礎学力向上に取り組む「学力アップ大作戦」の令和4年度事業がスタートした。

4月21日に高崎市役所で令和4年度のボランティア・コーディネーター説明会が行われ、各校区の代表が集まった。

 

「学力アップ大作戦」は、地域の力を生かして放課後に実施しているボランティア活動で、算数・数学を中心に児童生徒の基礎学力向上をはかる取り組みとして平成26年度から行われている。

今年度で9年目となり、この取り組みの成果は、全国学力テストで全国上位となる結果にも表れているという。

 

新型コロナ感染拡大防止のため、例年のような実施ができず、昨年度に参加した児童生徒数はそれまでの半数程度となってしまったという。

今年度は、ウイズコロナでの活動再開を期し、各校区の実情に合わせて実施される予定だ。

説明会では、事例発表が行われ、感染防止対策、子どもたちの理解を促しやる気を高めるポイント、学校へのフィードバックなどについて報告があった。

 

高崎市教育委員会の飯野教育長は「全国学力テストで高崎市は全国上位となっています。子どもたちが、自分もやればできると思ってくれた証しで、みなさんの粘り強い取り組みの結果です。学力アップ大作戦は、算数嫌い、数学嫌いを改善し子どもたちの意欲や自信を高める事業として定着しています」と謝意を示した。

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中