巨匠たちが愛した修善寺

(2017年10月7日)


高崎市タワー美術館

第1部=9月16日(土)~10月15日(日)
第2部=10月19日(木)~11月29日(日)

 伊豆・修善寺温泉は古くから栄えた温泉地であり、多くの芸術家が訪れた地でもある。伊豆市が所蔵する近代日本画コレクションは、修善寺温泉の新井旅館三代目主人・相原寛太郎(号:沐芳)と横山大観、安田靫彦、今村紫紅、小林古径、前田青邨ら日本画家たちとの交流によって残された作品。この展覧会は、近代日本画に大きな足跡を残した巨匠たちの若き日の作品を展覧する。
 観覧料は一般500円、大学・高校生300円。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料。10月28日(土)は群馬県民の日のため無料。第一部・第二部共通チケットは、一般750円、大高生450円。
開館時間は午前10時から午後6時。金曜日は午後8時まで。入館は30分前まで。

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中