中央銀座に新しい風 飲食店3店がオープン

(2017年04月21日)

高崎産食材を使ったメニューが並ぶ
チラシ

4月23日(日)に開店イベント

高崎市によって再整備が進められていた中央銀座アーケード(寄合町)に23日(日)、飲食店3店舗が同時開店する。
出店するのは、ラーメン店「福籠(ふくろう)」、餃子とワイン「ORIGAMI(おりがみ)」、うどん店「源十郎」。全店舗で深夜営業を行うほか、市内の若手経営者が、高崎産の食材を使った料理を提供するのも特徴だ。今後は随時ランチ営業も行う予定。
開店日の午後5時から、オープニングセレモニーを開催する。地元音楽バンド「タケオ・リアル&タカサキシティバンド」や地元ものまね歌手・じぐろ京介さんが登場し、会場を盛り上げる。
中央銀座アーケードは、平成26年の大雪で一部が崩落。110mにわたって解体撤去された。高崎市は直後から、若手プロジェクトチームを立ち上げ、地元商店街の有志や市内の青年団体から意見を募るなどして、アーケードの再建と中央銀座の賑わいの創出に取り組んできた。今後さらに飲食店が開店する予定で、関係者からは中央銀座の今後の盛り上がりに期待が寄せられている。(G)

高崎の都市戦略 最新記事

進化と深化で新しい高崎を創る 新春鼎談2017

人・モノ・情報が高崎に集積

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中