ビック高崎が完封勝利/女子ソフト前橋大会

(2018年05月19日)

好投する藤田投手
勝股―上野の完封リレー

太陽誘電は惜敗

 ソフトボールの日本女子1部リーグ第3節が本日19日、前橋市民球場で開かれ、本市に拠点を置くビックカメラ高崎ビークイーンと太陽誘電ソルフィーユがそれぞれ試合を行った。

 太陽誘電はシオノギ製薬(兵庫県尼崎市)と対戦。二刀流・藤田倭が先発し、7回を1失点と完投したが、打線が援護できず0-1で惜敗した。シオノギは4番數原が6回に本塁打を放ち先制。最終7回、誘電も1死一・三塁とし粘りを見せるもの、スクイズ失敗などもあり1点が遠かった。

 ビックカメラ高崎は大垣ミナモ(岐阜県大垣市)と対戦。こちらもビック高崎ルーキーの勝股美咲とミナモのエレン・ロバーツが好投し投手戦を繰り広げた。

 試合が動いたのは6回裏。ビック高崎はそれまで1安打に抑えられていたが、キャプテン我妻遥香が値千金の本塁打を放ち、1点を先制する。その後は5回から登板したエース上野由岐子が、3回無安打に抑える完封リレーを果たし1-0で勝利した。

 明日も前橋市民球場で試合がおこなれる予定で、太陽誘電は午前10時30分から大垣ミナモと、ビックカメラ高崎は午後1時からシオノギ製薬と対戦する。(G)

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中