ペガサス 日本一/プロ野球BCリーグ

(2018年10月15日)

15奪三振の快投を見せたトーレス
歓喜の胴上げ

2年ぶり2度目

 野球の独立リーググランドチャンピオンシップの第4戦が10月14日、前橋市民球場で行われ、ルートインBCリーグ年間王者の群馬ダイヤモンドペガサスが四国アイランドリーグplus年間王者の香川オリーブガイナーズを4-2で破り、2年ぶりの独立リーグ日本一に輝いた。

 敵地で2連勝し、日本一に王手をかけた13日の第3戦を引き分けたペガサスは、BCリーグ最多勝のエース、トーレスが先発。2回に先制点を奪われるものの、1点を追いかける6回、地元ファンの大きな声援を受けた農大二高出身の富田が3ランを放ち逆転した。トーレスは力のあるストレートで15個の三振を奪い2失点完投。グランドチャンピオンシップの最優秀選手に選ばれた。

 試合後に糸井球団会長から来期の続投が発表された平野監督は「日本一という一番いい形を報告できたことに、ほっとしている。選手一人一人がすばらしい活躍をしてくれた。来年はまた新チームで臨むが、地元の皆様には変わらずの応援をお願いしたい」と新たな決意を述べた。

 シーズン報告会とファン感謝デーが10月21日(日)、スマーク伊勢崎1Fはるなプラザとホワイトイン高崎で開催される。詳しい情報は群馬ダイヤモンドペガサス公式サイトへ。

各選手の談話

逆転3ランを放った富田選手「ヒーローになろうと思って打席に入った。自分の手で、しかもホームランという形で逆転できチームが勝てたことは本当によかった」

キャプテンの藤井選手「このチームで日本一になれたのが本当によかった。チームメイトに助けられた。連覇が達成できるのはペガサスだけ。来年も頂点を目指したい」

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中