たつやのおまんじゅう

(2021年07月31日)



「酒蔵萬壽」と「きんぴらまんじゅう」

県内酒蔵とコラボした本格的な酒まんじゅう

「酒蔵萬壽」は、高崎の「牧野酒造」と川場の「土田酒造」の2社とコラボし、それぞれの酒蔵自慢の酒粕と日本酒を用いて作った本格的な酒まんじゅうだ。普段から日本酒が好きで嗜んでいるという店主の清水公美さんは「酒蔵の個性を最大限に生かせるよう、相性のいいあんこを合わせています」とこだわりを話す。

 

「牧野酒造」が作る香り高い白粕には、すっきりとした甘さの白あんを使用。味の個性が強い「土田酒造」の黒粕には、小豆の風味があるこしあんを合わせてメリハリを表現。また、生地には水の代わりにそれぞれの酒蔵が誇る日本酒を練りこんでいるため、まんじゅうを包むフィルムを開いた瞬間から芳醇な香りがふわっと広がる。食した時にも日本酒の主張をしっかりと感じられる風味があり、日本酒好きにはたまらない一品となっている。贈り物にするなら、まんじゅうと揃いの日本酒をセットにしても喜ばれそうだ。

 

きんぴらとあんこの組み合わせに”はまる”人続出

季節の上生菓子をはじめ、年中行事にいただく和菓子や、地元産の素材を用いた創作菓子などが種類豊富に揃う同店だが、なかでも創業当時からの看板商品「きんぴらまんじゅう」も見逃せない。きんぴらと聞くとおやきをイメージしがちだが、それとはまったくの別物。まんじゅう生地の中には、ピリ辛に味付けされたザクザクのきんぴらごぼうと、甘さ控えめに仕上げたこしあんがぎっしり詰まっている。意外な組み合わせだが、辛さと甘さのバランスが絶妙で、子供のおやつや大人のビールのおつまみとしても好評だ。

 

「酒蔵萬壽」と「きんぴらまんじゅう」は、いずれも高崎じまんで冷凍5個入りで販売中。長時間の持ち歩きが不安な場合はネットショップでの購入も可能だ。

 

菓心たつや

高崎市筑縄町6-5

TEL.027-364-2278

http://kashin-tatsuya.com/

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中