南八幡小学校で教員1人・児童9人が陽性に

(2021年01月7日)

当面は全校閉鎖

高崎市は、市立南八幡小学校での新型コロナウイルス感染症患者の発生について、1月6日に発表した。

 

発表によれば、1月1日に同小学校教員1人の陽性が判明し、全教職員、全校児童364名の検査を順次実施した。

同小は1月4日より当分の間、学校閉鎖となった。

 

これまでの検査結果で児童9人の陽性が判明し、児童5人を含む家族46人を濃厚接触者として検査を実施。

 

患者児童が学童保育を利用していたことから、当該学童保育に在籍する児童全員と全学童支援員の検査を実施。当該学童保育は、1月4日より当分の間、閉鎖となった。

 

保健所の指導のもと、1月2日、3日に学校内の消毒を実施、1月4日に学童保育内の消毒を実施した。

 

高崎教育委員会は、市内の全学校に対し、感染防止に向けた取組等について通知した。

 

 

高崎の都市力 最新記事

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中