白井屋ホテル×十文字ヴィレッジ 宿泊プラン

(2021年09月13日)


土にふれ、採れたてを楽しむ旅

高崎市十文字町で耕作放棄地解消のため様々な取り組みを行っている十文字ヴィレッジは、十文字の豊かな土壌のもと、飲食店や法人とオリジナルブランドの野菜を共に生み出す自家農園事業を行っている。

 

その十文字ビレッジが、創業300年の旅館を世界有数のクリエイターの手によりよみがえらせた前橋の新たな文化の拠点・白井屋ホテルとコラボレーション。白井屋ホテル×十文字ヴィレッジ農園をスタートさせるとともに、10月2日(土)から3日(日)にかけて、農業体験宿泊プランを実施する。

 

ホテルゲストが十文字ヴィレッジの農園を訪れ、農作業や収穫を体験して群馬の自然の恵みを肌で感じ、その恵みを食するという宿泊プラン。農園ではこの土地の固有種「十文字大根」の間引き作業や、にんじん・ラディッシュ・ケールの収穫を体験。その後、白井屋ホテルに戻り、東京・青山のサステナブルグリル「The Burn」エグゼクティブシェフ米澤文雄氏による野菜本来の旨味を存分に引き出したディナーを堪能するというもの。

 

宿泊料金は、1泊2日の夕食&翌朝食と農業体験込みで1名様料金42,990円から(1室2名様利用時)。また宿泊を伴わない食事プランも実施する。

 

予約は白井屋ホテルWebサイト、問合せは電話で027-231-4618へ。

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中