慈眼寺音楽会

(2018年11月19日)


秋の夜にお寺でジャズを楽しむ

下滝町の慈眼寺で11月22日(木)午後7時より「慈眼寺音楽会」が開かれる。1250年の歴史を持つ真言宗のお寺・慈眼寺は聖観世音菩薩を本尊にまつり、自然豊かな境内の中でも特にしだれ桜は高崎市内でも有数の名所となっている。

 

過去にも慈眼寺での音楽会は好評を博したが、久しぶりの開催となる今回はジャズのコンサートが行われ、澄み渡る晩秋の慈眼寺が暖かなジャズの調べに包まれる。

る。出演はジャズドラマー・八城邦義率いるマイティークインテッド。ギター岩谷耕資郎、ビブラフォン武田将、ピアノ中村力哉、ベース江上友彦の5人編成で『バードランドの子守歌』や『テネシーワルツ』、『イパネマの娘』、『チーク・トゥ・チーク』などスタンダードナンバーを中心に演奏。また群馬出身のジャズシンガー岡田玲子がゲストとして登場しさらに華やかさを添える。

 

 

会場:慈眼寺(高崎市下滝町19)

日時:2018年11月22日(木)午後7時~午後9時
入場料:1,000円 ※事前チケット制

問合せ・チケット申し込み:TEL.027-352-8365、info@takijigenji.or.jp

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中