英語村に全国から応募「狭き門」に

(2017年12月4日)


締め切りは12月28日(木)

高崎市が旧川浦小学校跡地に整備し、来年春にオープン予定の山村留学施設「くらぶち英語村」の留学申し込み状況について、市は4日の高崎市議会で三島久美子議員の質問に答えて中間報告した。募集は6月から始まり、締め切りは12月28日(木)。11月末の状況について示し、各コースとも応募者が定員を超えており、抽選になる予定。

 
●通年コース
親元を離れ自立した環境の中で、倉渕小、倉渕中学校に通い、ほかの留学生や外国人スタッフと英語による共同生活を送りながら自然体験や文化体験を行う。留学費用は小学生 81,000円/月(税込み)、中学生 89,640円/月(税込み)。

答弁によれば定員20人に対し、応募が68人。小1=3人、小2=7人、小3=11人、小4=12人、小5=12人、小6=17人、中1=1人、中2=5人。地域別では東京都29人、神奈川県10人、群馬県9人(高崎市4人)、ほか関東から九州まで。

 
●週末コース
土・日に行う、1泊2日の週末留学コース。費用は土・日あわせて1万円(活動内容で異なる)。

応募は定員20人に対し136人。来年1年となる年長=13人、小1=29人、小2=19人、小3=29人、小4=15人、小5=11人、小6=8人 中1=5人、中2=7人。地域別では群馬県52人(高崎市28人)、東京都45人、埼玉県16人など関東、中部。

 
●短期コース
夏休み、冬休みの短期集中型の留学コース。1カ月の利用の場合で8万円(利用期間や活動内容により異なる)。

定員20人に対し190人。来年1年となる年長=18人、小1=30人、小2=30人、小3=38人、小4=29人、小5=22人、小6=8人 中1=9人、中2=6人。東京都62人、群馬県内50人(高崎市29人)、千葉県20人など、東北から九州まで。

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中