トップ水準の高齢者施策を実施

(2020年02月7日)

高崎市令和2年度予算

高崎市は令和2年度の当初予算を2月7日に内示した。

 

高崎市の発表によれば、令和2年度の一般会計予算は歳入が1655億2千万円で、前年に比べ26億2千万円、率にして1・6%減少した。

一般会計に特別会計762億3137万円、水道事業会計105億9286万円、公共下水道事業会計145億9836万円を合算した予算総額は2669億4259万円で、前年度に比べ23億7412万円、率にして0・9%減少した。

 

前年度から減少したのは2年連続で、高崎芸術劇場建設事業や高崎駅東口第九地区再開発事業など大規模事業の終了と併せて131項目の経費節減を行い、69項目の重点事業など高崎を成長発展させる施策に重点配分した。

 

富岡賢治市長は「福祉を重点に配分した。高齢者施策は全国トップ水準と思う」と令和2年度事業を説明した。

 

【令和2年度の主な新規事業】カッコ内は予算額

本因坊戦高崎対局=令和2年5月に旧井上房一郎邸で本因坊第1局を開催(1200万円)

榛名湖アーチストレジデンス=アーチストや学生の創作の場を提供(1512万円)

新町防災体育館(仮称)建設事業=老朽化した新町体育館を建て替え。災害の避難施設(6億2170万円)

おとしよりぐるりんタクシー=倉渕・榛名・吉井で乗り降り自由、予約不要、利用無料のタクシーを運行(1億3508万円)

産婦健康診査・産後ケア=産後2週間及び1カ月の産婦健診費を助成。産後うつの疑いのある産婦を支援(2297万円)

小児慢性特定疾病児童等特別助成=重症患者の子どもたちの家族外出を支援(300万円)

高齢者等ごみ出し支援事業=自身でごみ出しが困難な高齢者世帯を個別訪問でごみ収集する(7222万円)

職場環境改善事業補助金=事業所の空調設備設置を支援。補助率2分1、上限500万円(1億円)

飲食店衛生向上リニューアル特別助成金=食品衛生を目的としたリニューアルの一部を助成補助率2分の1、上限100万円(5千万円)

外国人誘客推進事業=影響力・発信力のある人気ブロガーを海外から招へいし高崎の魅力を発信(1千万円)

箕郷矢原宿古民家改修事業=寄付された養蚕住宅を地域の憩いの場に(2800万円)

豊岡経大大橋(仮称)設置に向けた調査=上豊岡町と下小塙町を結ぶ新橋を調査(2千万円)

高崎スポーツパーク(仮称)整備=高崎市民ゴルフ場を改修(5600万円)

避難所にコミュニケーションボード設置=聴覚障害のある人など会話が困難な人とコミュニケーション(10万円)

学校トイレ洋式化工事の拡大=避難所として使用される学校を重点に洋式化工事を拡大(3億円)

 

 

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中