特撮の名作がズラリ!妖怪特撮映画祭

(2021年11月11日)


高崎電気館で11月20日(土)~

高崎電気館で11月20日(土)から12月3日(金)まで「妖怪特撮映画祭PART1」として、日替わりで12作品が上映される。

 

特撮を駆使して怪獣や妖怪、宇宙人らが迫力いっぱいに楽しませる往年の名作が復活。大魔神、ガメラ、妖怪が50年を経て電気館のスクリーンに甦る。

 

日替わりで一日3本を上映。鑑賞料金は、1作品当日一般1000円、シネマテークたかさき会員と22歳以下は800円。同日二本目からは1作品800円。

駐車場は近隣の有料駐車場を利用。駐車券提示で鑑賞料金を100円値引き。

 

上映時間はパンフレット参照。

妖怪特撮映画祭

問い合わせは高崎電気館、電話027-395-0483

 

 

上映作品

大魔神

4K修復版 1966年/1時間24分

監督:安田公義

出演:高田美和、青山良彦

 

大怪獣ガメラ

1965年/1時間18分

監督:湯浅憲明

 

大怪獣決闘ガメラ対バルゴン

1966年/1時間41分

監督:田中重雄

 

妖怪百物語

4K修復版 1968年/1時間18分 監督:安田公義

 

 

東海道お化け道中

4K修復版 1969年/1時間18分

監督:安田公義

 

牡丹燈籠

1968年/1時間29分

監督:山本薩夫

 

四谷怪談 お岩の亡霊

1969年/1時間33分

監督:森一生

 

首都消失

1987年/2時間00分

監督:舛田利雄

 

鯨神

1962年/1時間40分

監督:田中徳三

 

日蓮と蒙古大襲来

1958年/2時間18分

監督:渡辺邦男

 

蛇娘と白髪魔

1968年/1時間22分

監督:湯浅憲明

 

透明人間と蠅男

1957年/1時間36分

監督:村山三男

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中