ジャンボ梨コンテスト

(2021年11月26日)

高崎市役所1階に展示

ジネットさんもジャンボ梨でスイーツをプロデュース

JAはぐくみ・はるな梨研究会による第32回ジャンボ梨コンテストが11月22日に高崎市役所1階ロビーで行われた。

ジャンボ梨は、「愛宕(あたご)」「王秋(おうしゅう)」「新雪(しんせつ)」3品種を通常より長い期間、枝につけたまま大きく育てたもので、榛名地域での特産物として「冬将軍伝説」としてブランド化をはかっている。

 

コンテストには134点が出品され、群馬県知事賞を愛宕=2392g・清水久義さん、高崎市長賞を新雪=2268g・高瀬純一さん、榛名湖温泉ゆうすげ賞を王秋=1673g・清水智通さんが受賞した。

 

受賞したジャンボ梨は高崎市役所1階に展示中。

 

はるなのジャンボ梨は、糖度が高く、ジューシーでシャキシャキ、日持ちも良いので、年末・年始の贈答に喜ばれている。

 

 ジネットさんがジャンボ梨でスイーツ「Atago」

高崎アンバサダーを務めるシンガポールの人気女優ジネット・アウさんが自らパティシエとしてプロデュースするシンガポールのスイーツブランド「ONCE UPON A TIME」で、はるなのジャンボ梨「愛宕」を使用したタルトが11月限定で製造販売されている。

ジネットさんと高崎のコラボ商品で、ジャンボ梨の自然な甘さと食感を生かしており、このスイーツの名称も「Atago」と名付けたそうだ。

Atago » Once Upon A Time by Jeanette Aw

 

 

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中