粘りのバレーで勝利を

(2017年12月22日)


春高バレー出場の商大附

第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)に出場する高崎商科大学附属高校女子バレーボール部の35人が19日に富岡賢治市長を表敬した。同部の全国大会出場は2年連続12回目。県決勝では西邑楽高校と対戦し、フルセットの熱戦で優勝を勝ち取った。

大会は1月4日から東京体育館で行われ、商大附の初戦は5日午前11時40分から米沢中央(山形)と福井工大福井(福井)の勝者と対戦する。これまでの成績はベスト8が最高で、今大会では攻撃的なサーブと粘り強いレシーブを武器に、ベスト4以上をめざす。 主将の桑原さんは「商大附属らしい粘り強いバレーで一つでも多く勝ちたい。拾ってつないで持ち味を生かしたい」と決意を語った。

 

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中