高崎市八島町で建物火災

(2018年11月15日)


けが人なし

 11月15日午前11時すぎ、JR高崎駅前の八島町内で木造2階建ての居酒屋から火が出ていると119番通報があった。出火当時、建物内は無人だった。

 現場は高崎駅から200mほどのビルが立ち並ぶ一角にあり、周辺に白煙が立ち込めるなど、現場は一時騒然とした。

 高崎駅西口交差点からあら町交差点の区間が封鎖される中、ポンプ車やはしご車などが出動して消火にあたり、火は午後2時40分に消し止められた。

 高崎市消防局によると、今のところ、今回の火災におけるけが人の情報は入っていない。

 また、近くにある南小学校では全児童が体育館に避難。午後の授業を休校にし、午後2時を目途に保護者の迎えを待って帰宅した。学校内でのけが人もいなかった。

 第一発見者の男性は「当初建物外から火が出て、それがガスボンベに引火し、燃え広がっていった。近くのコンビニエンスストアから消火器を持ってきて消そうとしたが、火の勢いが増し間に合わなかった」と証言した。爆発の音は、現場から100mほど離れたラジオ高崎本社内でも聞くことができた。(G)

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中